先月23日に、神明宮さまでの新嘗祭に参列してきました。

新嘗祭とは、日本では古くより五穀の収穫を祝う風習で、その年の収穫は1年間の大切な貯蔵となることから大事な行事とし飛鳥時代より行われているそうです。

宮中行事の一つで、天皇陛下が天照大御神はじめ天神地祇にお初穂をそなえ感謝の祈りをされた後に召し上がるそうです。

私たちも宮司さんから初穂頂き、それを感謝の気持ちで美味しく頂いています。

神社の行事はそれぞれ深い意味があり、いつも勉強させていただいています。

ちなみに、「勤労感謝の日」は戦後に制定されたものであり、戦前の同日は「新嘗祭の日」としての祭日だったそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)